HAL4550

音場改善

かなり前から気になっていた左側のLP収納ラックを、とうとうスチール製から木製に交換した。DD66000の放射口を極端に邪魔していたスチールラックが約10cm程小さくなった。これは効果があった。再生音場がすっきりしてステージ感が広がった。放射口が広がったことよりも金属製の共鳴体がなくなったことも大きい。
c0064260_21262251.jpg

スピーカ対面のLP収納ラックは既に同型の木製ラックを設置している。自作で寸法はぴったりに作ってある。
c0064260_21263882.jpg

コーナー面はこのようになっていて一部CDラックが占領している。いずれにしてもLPとCDの収納ラックに苦慮している。
c0064260_2127467.jpg

# by HAL4550 | 2009-03-04 21:32 | EIDOS

2009NYC

年末年始はMETのオペラ三昧で過した

c0064260_149591.jpg


MagicFluteは人気が高く、去年と同様に当日券の天井桟敷しか取れなかった。
演出がJulie Taymor 指揮Asher Fish 演出が中国風で新鮮だった。
c0064260_1493554.jpg


Renee FlemmingのThaisは素晴らしかった。CDでは何度も聴いていたが、観るのは初めてだったので、とても楽しみにしていたのだが、期待を全く裏切らなかった。指揮のJesus Lopez-Cobosもゆったりと歌わせてくれたし、Athanael役のThomas Hampsonも素晴らしく、カーテンコールはスタンディング オベーションの総立ちだったことは勿論である。
c0064260_225643.jpg


それからMET初日のRondineだが、Angela Gheorghiuが楽しみだった。Pucciniのオペラらしく退廃的でワンパターンだが、Gheorghiuはとてもよかった。
c0064260_213335.jpg


2008年METの人気を独り占めしたNetrebkoは一月末からLuciaのタイトロールを歌う予定だがチケットにプレミアが付くことだろう。因みに1月1日の魔笛は$1000にもなっていた。


ニューヨークとくれば、JAZZにも行かねばならない。BlueNoteとBirdLandに行った。
c0064260_2193746.jpg

c0064260_2202664.jpg

c0064260_220395.jpg


去年はVillageVanguardに連チャンしたが、違うところで楽しみたいとのリクエストに応えたものの、やはり、VillageVanguardの方が良かったか、と少し後悔した。昔通ったFatTuesdayは潰れていたしJimmyryanは遠くに移転していた。
c0064260_2375787.jpg

# by hal4550 | 2009-01-22 02:28 | GoldMund

MIMESIS36PLUS

アメリカからツチノコがやって来た。MIMESIS36Plusを20MEにDominusでつなぐ。想像を絶する太さからは想像しえない精緻な音、世に言われる音の洪水とは本質が異なる。

c0064260_20184486.gif


ツチノコは舞台裏に棲食う。それにしても太っとい、EBU仕様にして助かった。
Break-in Time Estimate 200Hoursと書いてある。5時間40日の勘定だ。
50時間の感想で言えば、高域の静けさと低域の安定感、何と言っても音楽の密度が桁違いに多い。
シフの伴奏でパンセが歌うAbendempfindung(Mozart)が切なく涙を誘う、ほど伝わってくる。UCCE-2025(ドビッシー&モーッアルト歌曲集より)

c0064260_2021353.gif


GoldMund MIMESIS36PLUS

ゴールデンウイークのさなか奇跡のような連絡が入った。

Eidos36-2chReferenceを頼んでおいたショップからMIMESIS36PLUS、最後の1台を輸入代理店が手放すが、というオファーだ。発売後10年は経過している。3年保証付、勿論、二の句もなく、Agree。

c0064260_20125522.gif


10年越しの憧れが5月の風に運ばれて、ふ~っと僕の手に羽根を休めてくれた。

c0064260_20324656.gif



ただ、ただ、美しいメカニズムと確実な操作音によってオペレータを魅了するだろう。スイッチで蓋が閉まり、回転する。が、ショックアブソーバが存在するかのように独特の閉まり方をする。

c0064260_20135481.gif


これからがCDとLPのバトルの始まりとは、考えもしなかった。 しかし、まだ、オペラはLPの表現のほうが襞に合うようだ。
そして、2カ月後ツチノコが助っ人にアメリカからやってくることになるのである。

c0064260_2033321.gif


MIMESIS20ME

それはGoldMund(黄金の口)を持つという、海へ誘う ALIZE

CDを、せめてアナログ初期盤の足元ぐらいに及ぶようにしたい。
なかなか実行に移せなかったのは愛着のある装置に出来れば
追加する形で何とかならないかと、いう都合の良い考えである。

c0064260_0322541.gif


然るところでMM20MEを聴いた、肌に心地よい、(vent Alize)
貿易風という意味のモジュールを搭載したDACは心を鷲摑みにして
放すことはなかった。そして10日後には手元に存在した。出会いとは
いつもこんなものだ。淡々と語ることはできないが、沸々と湧き上がる
情熱でもない、そよそよと吹く偏西風の運ぶ貿易熱に冒されてしまった
らしい。

c0064260_0331875.gif


MIMESISにあわせて、Studer730Aのマウント方法を変えた。
ドイツとスイスの技術がお互いをけん制し、時には尊重し、期待
通りの妥協を許さない、しっかりした仕事をしてくれる。
しかし、EMT927のまだ足元には及ばないが、遙か彼方の霧を
Vent Alizeの風が、そよそよと、消し去ってくれる予感がする。
気の永いお話である。

c0064260_037415.gif

# by hal4550 | 2008-12-03 14:40 | GoldMund

ディスクに埋もれたい

はたちのころ歯医者さんのところでワーグナの指輪を聴かせて貰った

こんな高価なレコードを一生涯買うことができるだろうかと羨ましかった

そして、すでにその頃の彼の齢をゆうに越えてしまった

指輪も数多く手に入れたが革張りのベームの指輪は未だ見つからない

彼のお陰でオペラが道楽になったのが嬉しい、と懐かしく思いいずる


c0064260_15443921.jpg



ディスクは、ふえるふえる。どんどんふえる

神戸のレコード屋、イギリスの通販、オークションと時代と共に変わる

もう、ディスクに埋もれるのも、時間の問題だ

ぼくは、機械に埋もれるより、ディスクに埋もれたい

c0064260_0213293.jpg


薔薇の騎士

カラヤンの薔薇の騎士が好きだ。元帥夫人のシュワルッコップがたまらない。
そして、こんなことになってしまった。 

c0064260_20415263.gif


ワーグナーの指輪やカルメン、トスカ、オテロ、トラバトーレ ....... 等々。 
収集癖があるつもりはないのが、好みは偏ってしまう。
# by hal4550 | 2005-02-22 15:48 | レコード

パーツ

EMTイコライザー
139B(真空管mono) 139ST(真空管streo) 155ST(トランジスター)
c0064260_0495643.jpg

ALTEC音量調整器(600Ω)固定抵抗タイプ
c0064260_0504970.jpg

WE送受編成器(197A & 618B)
c0064260_0511810.jpg

# by hal4550 | 2005-02-22 15:07

やま

山は癒しだ

決して期待を裏切らない

ただ自分が裏切るとしっぺ返しを喰うだけ


不帰テント
c0064260_1532082.jpg


しろうま
c0064260_153421.jpg


やはりやりだ
c0064260_154440.jpg


じやんだるむ
c0064260_1541939.jpg


つるぎ
c0064260_1553024.jpg

# by hal4550 | 2005-02-22 14:37